輸出される場合

日本で廃車となってしまった自動車とはいえ、まだ走行に支障のない自動車の場合は、中古の日本車として海外に輸出されるケースも目立ちます。
テレビの海外ニュースなどで、フロントのウィンドウに日本の車検証ステッカーや、定期点検のステッカーなどが貼られていたり、日本語のペイントなどを見ることがたまにありますが、まさしくこういった自動車が、中古の日本車として輸出された物となります。

日本メーカーの自動車は海外では高品質であるとして重宝され、新車の海外メーカーの車よりも、中古の日本車が良いという人たちが、海外には大勢居るため、そうした人たち相手に中古車販売を行っている人たちが、日本から廃車となった自動車を買いつけ、形骸に輸出しているというわけです。
また、走行不能ということで廃車となった車両に関しても、パーツ取り車として、積極的に輸出されているとの事です。

18禁ポルノ画像はこちら